二次性リンパ浮腫(続発性リンパ浮腫)とは、リンパ管が閉塞してむくみが出るものです。続発性リンパ浮腫の症状について

リンパ浮腫の症状と原因

二次性リンパ浮腫、リンパ浮腫の症状

2次性リンパ浮腫(続発性リンパ浮腫)とは、リンパ管の炎症、腫瘍の浸潤、手射によるリンパ管の破損などによって、リンパ管が閉塞してむくみが出る【浮腫】のことをいいます。

悪性腫瘍のリンパ管

リンパ節への転移悪性腫瘍が原発臓器から所属リンパ節や遠隔のリンパ節に転移して、リンパ浮腫が発症したものです。

リンパ節の外科的切除や放射線照射によるリンパ管の障害

乳がん、子宮がん、前立腺がんなどの手術の際に、転移の可能性を考慮してリンパ節を切除したために起こります。放射線照射によってリンパ管が障害された場合も同様です。
リンパ浮腫と診断されるほとんどがこのケースです。切除されるリンパ節の部位・数によって影響される程度術式の選択などの違いにもよります。また、個人差が非常に大きく、条件が同じでも発症の有無・程度は大きく異なります。

リンパ管炎

リンパ管炎とは、外傷などにより体内に侵入した細菌がリンパ管内に取り込まれ、それが原因で炎症がおこる疾患です。
リンパ管に沿って、皮膚表面に赤い筋が見えるようになります。リンパ管内でリンパの流れを阻害する一方で、細菌感染も起こすため、むくみが強く出ます。むくみによってさらに感染が助長され、悪循環が起こります。

寄生虫感染

寄生虫感染とは、フィラリア原虫によるものです。
蚊に刺されることによってフィラリアの幼虫が皮膚からリンパ系に侵入してリンパ管炎を起こします。
急性期には発熱・リンパ管炎がみられますが、高齢者ではリンパ管炎の症状を示さないこともあります。フィラリア原虫は熱帯・亜熱帯に生息しているため、渡航経験のない人がかかることはあまりありません。

血栓性静脈炎に伴うリンパ浮腫

血栓性静脈炎を起こしたときにリンパ浮腫を伴うケースが多く見られます。症状としては脚部は赤紫色になります。

外傷性リンパ浮腫

外傷性リンパ浮腫とは、腕や脚をけがしたときに起こる浮腫のことをいいます。
外傷性リンパ浮腫は通常次第に回復しますが、軽症のまま長く続くケースもあります。また、一次性リンパ浮腫との区別がつきにくいこともあります。

がんサイト集

子宮がん症状

子宮がん症状、検診についての専門サイトです。子宮がん検診を定期的に受けましょう

乳がん検診

乳がん検診や乳がん症状を知れば、早期発見に繋がります。【乳がん検診.com】は、乳がんの専門サイトです

卵巣がん

卵巣がんの専門サイトです。卵巣がんは子宮がは通常の子宮がん検診ではわかりません

肺がん初期症状

肺がん初期症状では、肺がんの兆候や症状など、肺がんの原因、治療法について解説するサイトです

足のむくみ解消法
足のむくみ解消法の専門サイト